成年後見制度

 
トップ > 生活支援 > 成年後見制度

成年後見制度

Adult guardianship system

成年後見制度とは?

成年後見人制度とは、判断能力が十分でない方(認知症の高齢者、知的障害者、精神障害等)の日常生活を守るため、家庭裁判所に申し立てをし、その方を援助する「後見人」を設定する制度です。
たとえば、介護サービス指定事業者と契約を結ぶ際に、判断能力が不十分であるために、内容を充分に吟味できなかったり、不当な契約をしてしまうケースがあります。そのような場合に後見人がいれば、本人に変わって契約を行ったり、不当な契約を解除することができます。
また、判断能力が不十分になったときに備え、本人が健康なうちに後見人を定め、契約を交わしておくこともできます。
 

 
 
成年後見制度イメージ

どんな人が成年後見制度を利用するの?

次のような方は成年後見制度を検討してください。

  • 今は元気だけれど、将来の生活に不安を感じている
  • 認知症の傾向がある、または、認知症の家族がいる
  • 高額な商品や、いらないものを買わされそうになった
  • 遠方で別居している親の、日々の暮らしが心配
  • お子様のいない夫婦で、自分の死後、配偶者の暮らしを心配している
  • 障害をもつ子供のいる親で、自分の死後、子供の暮らしを心配している

 

 
物忘れイメージ

実際に使われるシーン

次のようなシーンでは、成年後見制度を有効に活用できます。

  • 施設入所等のため介護保険契約
  • 要介護認定の申請手続、住居の確保、病院への入院手続等
  • 本人が所有する自宅の売却や賃貸用不動産等の管理、売却
  • 口座の名義変更等の相続手続
 
成年後見制度イメージ
具体的な手続きの方法やメリット・デメリットなどもっと詳しく知りたい方

ネクサスのサポートスタッフ

 

土井義昭

行政書士・社会福祉士 土井義昭

 

お気軽にお問合せ下さい

受付時間 9:00-18:00 
[ 土・日・祝日除く ]